肥満猫

キャットフードとは

キャットフードは、の食事専用に開発され工業的に生産された飼い猫用加工食品です。
猫の餌としては、西日本では白いご飯に味噌汁をかけた物、東日本では白いご飯に鰹節を混ぜ合わせたものを中心に「猫マンマ」と呼び、猫の餌として与えられてきました。
しかし生活水準が向上するにつれ、猫の食事として専用の餌が求められるようになってきたのです。

主に人間の食べ残しを使って作られる猫マンマよりも、最初から猫の栄養などを考えて作られたキャットフードの栄養価や栄養バランスの方がなどは、当然とはいえ、猫にとっては優れています。
「犬」と「猫」では体質が異なることから、必要な栄養バランスもかなり違うといわれます。
そうしたことから、キャットフードとドッグフードはペット用食品と言いながら、全く別の位置づけの商品なのだそうです。

キャットフードは栄養調整のため塩分が少なく、ドッグフードよりも薄味です。
本来肉食性である猫にはタウリンなど必須の栄養素が多く、キャットフードにはそれらの栄養素が含まれています。
しかし、その他のペット用の餌にはそうした栄養素が含まれていないので、猫の主食にはなりません。
なお、キャットフードのタイプhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.tk/10.htmlは、大きく分けて『カリカリ』と呼ばれるドライタイプのものと、『猫缶』とも呼ばれるセミモイストタイプ・ウェットタイプの2種類があります。

このページの先頭へ