肥満猫

肥満猫のためのキャットフードとは

猫の祖先は肉食動物で狩りが成功した時だけ食事をできたのですから、肥満などの問題はありませんでした。
しかし現在のように人間の近くでペットとして飼われるようになってからは、狩をしなくても食べ物が与えられるうえ、少し太っているくらいの方が可愛いとされるようになって、肥満の問題が発生したのです。
今や、室内だけで飼われている猫の約40%が肥満といわれます。

室内では運動不足になりますし、キャットフードも定期的に与えられるので動かなくてもいいのですから、当然な結果と言えるでしょう。
肥満の原因は、人間と同じく食事の量よりも食事の質の問題で、摂取カロリーが消費カロリーを上回るいわゆるカロリーオーバーによって体内に脂肪が蓄積されることが原因しています(避妊去勢手術後の猫は、ホルモンバランスの変調で肥満になるケースもあります)。
肥満猫のダイエットには、まずキャットフードを低カロリーの肥満猫用ライトキャットフードにすることからはじめます。

肥満猫用ライトキャットフードは肥満猫のカロリー管理をする目的で作られており、餌の量や回数を無理に減らす必要がないので、猫がストレスを感じることなく摂取させることができます。
また、運動不足解消のためには、たとえ室内であっても運動できるように飼い主が遊んでやらなければなりません。
これでも肥満が解消しなければ、餌の量をさらに少なめにして対策を講じる必要があります。

このページの先頭へ