肥満猫

キャットフードの保存方法

ドライタイプを保存する際に必要なことは、「高温多湿・直射日光を避けること」と「穀物害虫を防ぐこと」です。
ドライタイプのキャットフードは、箱に入れたまま放置しておくと酸化がすすみますし虫が寄ってきますが、真空パックに入れて酸素に触れさせないようにしておけば、酸化・穀物害虫防止が可能です。
そこに乾燥剤を一緒に真空パックしておけば、さらに安心です。

その上で高温多湿な場所を避け、直射日光が当たらない場所に保管します。
これで、開封後もおよそ1カ月間は保存可能です。
なお、開封しないでそのまま冷凍保存し、使う前日に1日に必要な分だけ自然解凍させて猫に与える方法もあります。

この方法も酸化やニオイ飛びを遅らせることになりますから有効な方法です。
ウエットタイプのキャットフードは、缶やパウチを涼しい場所で保管するのが基本的な方法です。
冬場であれば玄関先などに保管しておいて問題はないのですが、暖かい時期は冷蔵庫内やクーラーの効いた場所で保存することが必要です。

ウエットタイプの場合、開缶・パウチを開けたら保存を考える前に、なるべく1日以内にキャットフードを使い切ることを考えるべきです。
もし、1日以上保管しなければならないときは、別の容器に移し替えてフリーザーで冷凍保存します。
しかし冷凍保存しても、なるべく早めに解凍して与えることが必要です。

このページの先頭へ