肥満猫

ポークベースのキャットフードとは

豚肉はタンパク質が豊富で栄養価が高いことから、私たちの食卓にもよく並ぶものです。
疲労回復ビタミンと呼ばれるビタミンB1、肌の健康を保つビタミンB2、タンパク質生成と免疫力を高めるビタミンB6、また、血行を良くするナイアシンや必須アミノ酸がバランスよく含まれており、豚肉に含まれる不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす動脈硬化防止に有益です。
このように豚肉は人間にとって効果・効能が非常に高い食物です。

しかし、人間にとって効果・効能がある豚肉が猫にとっても同様の働きがあるのかどうかは定かではありませんが、これほど栄養価の高い豚肉がキャットフードのメインの食材としてそれほど使用されていないのは不思議です。
おそらく、日本では猫の好物は魚であると考えられていたこと・キャットフードには豚肉よりも安い鶏肉が使われることが多かったこと・そして豚の体内に生息するトキソプラズマという寄生虫、カンピロバクターやリステリアなどの食中毒の原因菌が猫の体内にとり入れられる危険性があること、などが原因ではないかと考えられます。
しかし、近年は、豚肉は加熱処理することで安全に使用できることが分かっており、ドライタイプのキャットフードには豚肉を乾燥させた豚肉粉末が多く使われています。
この豚肉粉末には、猫のとっても重要なタンパク質やアミノ酸がバランス良く含まれています。

このページの先頭へ