肥満猫

食肉系・魚介系キャットフードとは

日本人にとってはの好物は魚と思っていますが、猫の祖先は狩りで得た野生動物を食べる肉食動物ですから、本来的には肉が好物です。
現在販売されているキャッツフードにはこの両方の食肉系のキャットフードも魚介系のキャットフードも手に入れることができます。
肉食系のキャットフードに使われている肉で一番多いのは鶏肉です。

最近では鶏肉以外にも牛や豚、羊や馬などさまざまな肉を使用したものも販売されるようになりました。
特に馬肉には、必須アミノ酸やビタミン類、ミネラル類などの栄養分を多く含んでいるうえに低カロリー・低脂肪・高タンパクなこと、牛肉や豚肉に比べてアレルギーにかかりにくいといった特徴もあるため、ペットフード用の肉として注目を浴びています。
一方、魚介系キャットフードに使われている魚で多いのはマグロとカツオのようです。

魚には猫に必要なタンパク質が豊富に含まれていますので有力な栄養源ですが、一般に青魚と呼ぶサバやアジ、イワシなどの魚は、注意する必要があります。
青魚の不飽和脂肪酸は酸化しやすく、摂りすぎると皮下脂肪が酸化をして炎症を起して黄色脂肪症になる可能性があります。
また、魚介系キャットフードの中にはチキンなどの肉類が混ざっていることがほとんどです。
なお、食肉系や魚介系キャットフードだけをあたえ続けると栄養に偏りがでて体調を崩す可能性がありますので、猫に合わせた栄養素をバランス良く配合している総合栄養食のキャットフードも与えてください。

このページの先頭へ