肥満猫

症状に合わせた原材料で選ぶ

猫に泌尿器系の病気が多いということはよく耳にしますが、「猫の病気」でネット検索してみますと、その種類の多さに驚きます。
これらの病気の予防や治療は、飼い主が症状に合わせた原材料キャットフードを与えることで治療できるものもありますが、素人で判断したり対策を講じたりするのではなく、その前に重要なことは獣医師に相談することをわすれないことです。
医師の指導にもとづいて猫のケアーをすすめることが大切です。

動物病院では、動物用薬品を使ったり手術したりといった方法で治療する場合と療法食(処方食)と呼ぶキャットフードを使った治療が行われます。
療法食に使われるキャットフードは、病気の予防や治療のために使用されるものです。
動物病院ではさまざまな種類の療法食が取り扱われていますが、このようなキャットフードは身近にあるペットショップやホームセンターでは取扱いされていません。

たとえばインターネットで腎臓病用キャットフードが販売されていますが、これは治療用ではなく動物病院でも完治することのできな腎不全などの進行を予防するためのものです。
現在、症状に合わせた原材料で選ぶことができるほど、猫の病気に細かく配慮したキャットフードは販売されていないのが実情です。
しかし、医師からこのようなキャットフードを与えるよう指示があれば、それにそった市販のキャットフードを与えるようにしてください。

このページの先頭へ