肥満猫

食べ切りサイズを選ぶメリット

キャットフードの容量は、ウエットタイプは1缶に80g~100gくらいですがドライタイプは一般的なもので2kg~3kgから大容量で11kgといったものまであります。
ドライタイプは保存期間をそれほど心配する必要がありませんが、ウエットタイプは1日以内に消費するのが原則ですから、いささかやっかいです。
また、猫に与えるドッグフードの量はカロリー計算にもとづいて何g与えるかが決まっていますから、ドライタイプはそれだけの量を取り分けたあと残りはそのまま保管できますが、ウエットタイプのキャットフードはそうはいきません。

ほぼ毎食時に余りが発生しますから、そのたびに解凍や冷凍保存が必要になります。
こした問題を解決してくれるのが「食べ切りサイズのキャッツフード」です。
言い換えれば小分けパックされたキャッツフードで、通常80g~100gのものを20g、40gといった容量で小分けされています。

たとえば1日2回の食事で120g与えなければならない猫に100g入の猫缶を使って餌を与える場合、はじめに2缶使って80g残ります。
次の食事のときには、1缶使って60g残ります。
これでは、毎食時に冷凍・解凍を繰り返す必要がありますし猫には解凍した餌を食べさせなければなりません。
ところが、40g入りの食べ切りサイズのキャットフードであれば、毎食時に3パックずつ開封すれば、常に新鮮な餌を与えることができます。
食べ切りサイズは価格的には高いのですが、飼い主にとっても猫にとってもメリットがある商品です。

↓キャットフードに含まれる成分
 

このページの先頭へ