肥満猫

チーズ入りのキャットフードとは

ある調査によると猫の好物は純血種と雑種で異なり、純血種はチーズ・焼き魚・鶏刺身・煮干の順で雑種の場合は焼き魚・刺身・チーズ・煮干・お菓子の順だそうです。
しかし猫の好みは子猫の頃に何をメインに食べたかによって決まりますので、日本では焼き魚が上位ですがイタリアではパスタ、インドではカレーです。
いずれにいても、チーズは日本の猫の好物であることに間違いありません。

おやつ用のチーズにはナチュラルチーズをそのまま使ったものやフリーズドライに加工されたもの、ササミと混ぜてソーセージに加工したものなどがあります。
キャットフードにはチーズが入っているものや、ドライタイプのキャットフードの中に柔らかいチーズが入っているようなキャットフードまであります。
チーズは、製造段階で原料乳のタンパク質が熟成中に醗酵分解され、組織や風味が生成されて旨味が増していますので、人間だけではなく猫もおいしいと感じるのかもしれません。

100gのチーズは、10倍の1000mlの原料乳でつくられ、豊富な栄養素がバランスよく含まれていますので、おすすめできる食品です。
しかし、人間にも乳製品を食べてお腹を壊す人がいるように、猫の中にも下痢や軟便になるケースがあります。
また、過剰に与え続けると尿結石の原因になる可能性もありますので、猫の体調を観察しながら与えることが必要です。

このページの先頭へ